中年主婦の道楽な日々


by 鬼灯 (きちょう) ~ funka_omi~
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

京極夏彦『厭な小説』読了

厭な小説

京極 夏彦 / 祥伝社

スコア:


どんよりウンザリな感触の短篇集でした。
ことの大小は違えど、自分の日常にも”よくある”ような出来事ばかりなんです。
日々、誰でも感じるような”ちょっとした不快なこと”が、これでもかってくらい厭な方向にデフォルメされていくんです。
ありえないだろう!?と思いながらも、本を閉じて日常の雑事に戻った時、実際にわが身に起こってしまうのじゃないかと、ふと不安になります。

最初は、京極氏お得意の「怖い話」なのかと思って読んでいたんですけど、違いました。
「世にも奇妙な…」的なのですが、感じるのは”恐怖”ではありません。
はっきりとした感情ではなくて、なにかウンザリするような、もう勘弁してくれよぉって言いたくなるような。。漠然とした感覚です。

物語の内容だけでもそんな感じでウンザリなのに、各物語の扉頁に、時折つぶれた「蚊」が描かれています。
古本屋さんで本を買うと、死んだ蚊が頁に貼り付いていることがたまにありますよね。
頁を捲ってそれを見つけたとき、ものすごく腹立たしいわけではないけど、「うぁ…(=Д=;)」って気持ちになります。
わざわざ新刊本でそれを表現して、さらに厭な思いを私たち読者にさせようとしているんですよ、この装禎者は!ww
(まさか京極氏本人のアイデアなんじゃ…??ww)

厭だ。。。


面白くて夢中で読んだけど、当分、再読したくはないですね。。。ww
[PR]
by gin_no_tsuki | 2009-06-15 23:05 |