人気ブログランキング |

中年主婦の道楽な日々


by 鬼灯 (きちょう) ~ funka_omi~
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

君はもくせひの匂い 『尾崎翠集成 上』読了

c0192865_284688.jpg


うつむきがちな物語には、終始木犀の香りが漂っています。

尾崎翠の代表作『第七官界彷徨』を含む小品、書簡などを収録しています。

詩を書き恋に恋しながらも、貧しくもの悲しい女性の人生が綴られています。
他人と巧く関わることもできず、人目を避けるように屋根裏部屋に閉じこもります。
そのくせ人恋しくて、街の雑踏に紛れてみたり混雑する銭湯へ行ったりします。

分裂した心情は、恋愛を成就させた苔が振りまく花粉を吸って息詰まり重く沈みます。


薄暗く侘びしい印象でありながら、どこか美しいものが感じられる世界です。

尾崎翠集成〈上〉 (ちくま文庫)

尾崎 翠 / 筑摩書房

スコア:




もうだいぶ前のこと、女優の渡辺えりさんが主催する劇団「宇宙堂」(オフィス3)の公演を観に行きました。
その時の演目『花粉の夜に眠る戀』のモチーフとなったのが尾崎翠の『第七官界彷徨』と知り、読んでみようと入手したものの、そのまま押し入れの住人となっていました。

ふと思い出して押し入れから救出したのが、金木犀薫る10月というのも因縁めいて… 

ナイかなw


尾崎翠(おさき みどり、1896年(明治29年)~1971年(昭和46年))
by gin_no_tsuki | 2012-10-22 23:57 |